スレチだったらすみません。
信じてもらえるか解らないですが、取り合えず書きます。
うちは代々女系の家庭で、男子が少ないのですがその女性たちは主に
体が弱い(主に心臓)代わりに所謂霊感があります。

私も例に漏れていません。
現在ですと、私の祖母と私自身が一番強いようです。

私が小さいころから住んでいた実家はジャスト霊道だったようで、
見える生活(というか居る生活に)違和感がありませんでした。
実家が建て直しのために、新しい実家が出来たのですが、
家族でもう見えることも少なくなるね、なんて話していたのです。

そんな中、私は一人暮らしのため物件を探し始めました。
色々いい物件がある中、迷っていると不動産側が、まだ広告には出して
ないんですけどいい物件があるんですけど、といって一枚の間取り図を見せてくれました。
なかなかに気に入った私はさっそく物件を見に行くことになりました。

造りは正直古いのですが綺麗にされていて、四階建ての二階の部屋でした。
中にはまだ先住民の残していた物がちらほらありました。
でも初めて家を借りる私には、掃除は頼んでいるんだろう、ぐらいにしか
思わずその好物件を借りることに決めました。

鍵の受け渡しも決まり、無事に引越しが完了したものの揃えなくてはいけない
物もあって、とりあえずカーテンと照明だなぁなんて思って。
何の気なしに押入れを開けたんです。

そこには私が確認しに来たときに掛かっていた先住民のカーテンがありました。
何であんねやろ?片付け忘れか?と思いつつそれをそのままにちょっくら
家を出て踊場に出ました。階段をちょっと降りたときに気づきました。

三階に上がる階段の隙間に、先住民の置いていったものがダンボールに蓋もせずに
入れて置いてあるんです。それでも手抜きやなぁぐらいにしか思わず、
その日は終わりました。

そこで暮らすようになって一ヶ月も経たない頃でした。
インターホンが鳴りました。

部屋と廊下はそんなに距離もなく玄関はすぐそこ。私は丁度部屋の入り口に
いました。取り合えずスコープを覗きましたが人の姿は見当たりません。
正味な話、私がスコープを覗くのに一分も掛かっていません。

身を隠そうにもこの距離だと隣の部屋に入るか、階段を上がるか降りるかです。
しかしこれだけの距離だったらどの音も聞こえます。ましてやこの短時間です。
しかもドアは鉄製、隣に入れば諸にドアの音が聞こえます。それがありませんでした。
とりあえず自分の中で、人ではない、と確信は出来ました。

しばらくその現象は起きたのですが、次第に少なくなりほぼ無くなったので
きにも留めませんでした。

そんな生活にも慣れ、ある日遊びに来た彼氏さんと上の階についての話に
なりました。書き忘れていましたが、この建物に住んでいるのは現在
私のみだったので。不動産の方は後々他の方も入るとは言っていました。
じゃあ上の階の探索に行こうという事になりました。

まず三階から。勿論何処の扉も閉まっていましたが、試しに引っ張ってみると
施錠はされておらず普通に開くのです。中は埃こそ溜まっているものの
きちんと掃除された和室でした。

問題は四階でした。
三階は全三室、何の気配もせずでした。
四階の一部屋目も三階の部屋同様でした。
しかしもう片方の部屋は人の住んでる様な雰囲気の部屋でした。

奥に布団が引いてあるのがチラッと
見えたのですが、同時に怖くなりました。勝手に入って怒られるとかではなく
入ってはいけないところに来てしまった、という感覚です。

彼氏さんに、誰か住んでたみたいだね、よそう?と言って退散しました。
数日後、大屋さんではないおじさんの鼻歌が聞こえスコープから覗くと
知らないおじさんがビニール片手に階段をあがっていきました。
それを彼氏さんと見て、何や人住んでたんやと言って終わりました。

でもそのおじさんを見たのも数回でした。
一年ぐらい経ったある日、彼氏さんが一階の集合ポストを漁ってました。
何やってんねや、と言うとあからさまに訝しげな顔で郵便物を見ていました。

そのポストはおじさんが住んでるであろう部屋のものです。
彼氏さんもそれに気付いていたのです。しかしポストの中から出てきたのは
五年も前の請求書や地域新聞。新しいものは一切ない。

じゃあおじさんが新しいものだけ持ってったんちゃうの?と。
その部屋の先住民の物とかやん?と。
いや先住民の物ならおじさん住む前に出してるでしょ、
それに新しい物だけっておかしくない?と返されました。

確かに彼氏さんの言うとおりです。
他の人が居ない場所のポストにはチラシもなにも投函されていませんでした。
もし大家さんが回収していたとしてもおじさんの物を回収するのも変です。

ということは、五年程前からあの部屋には誰も住まず手付かず、またはおじさんが
古い物だけ置いていっているかになりますが。どちらもおかしな話なわけで。
じゃそもそもあのおじさんは・・・?と。

引越しした気配はありません。もう一回四階に行ってみるかとも言われましたが、
あの時の感覚もあり、とてもじゃないけど行く気になれませんでした。
その後私が体調を崩したりと言うこともあって、実家に帰省しています。