どうでもいい話だが、父親の墓参りをした時にスレ違ったんだ。
墓を掃除する為にブラシとバケツを持って歩いてた時に一瞬顔がよく見えない男が目の前を
通り過ぎてビビったんだけど、それは単なる思い違いで実際はちゃんと顔があったんだわ。

しかもその人は従兄弟だった。
彼にとっても叔父さんで、たまたま同じ時間に墓参りをしたという偶然。
昔からの仲でもあるので一緒に食事をしたんだが、向こうは何と俺の腕が見えなかったと。

こっちもさっきの話をして、やっぱ墓はこえぇなと言って別れたんだが、数日後従兄弟の訃報が入った。
自転車に乗ってたら大型トラックの後輪に巻き込まれて死んだと。
顔面を潰されたそうな。

俺の方はというと、それから数ヶ月してバイクで峠を走ってたら急カーブでセンターラインをオーバーした
スポーツカーを避けたらガードレールに突っ込んで両手から崖下に落ちて両腕骨折。
握力殆どゼロになっちまった。

心霊写真とかって、写らなかった部分があったりすると危ないって言うじゃん?
写真に写ってるって事は自分の目でも見える訳で、
リアルタイム心霊映像ってのもあるから気をつけろな。