学生時代の夏休み、一人で車で帰省中のこと。
真夜中に栃木県の国道を走っていたとき、
路肩に立つ警官が赤く光る警棒をかざしているのが見えた。

職質か?と思い車を停めた。
警官はこんな時間になにしてんの、とか酒飲んでないよね、とか聞いてきた。
時間にしてたった一、二分だったが、
後ろから来た車にクラクションを鳴らされた。

うるさいな、職質だよ
と相手にしなかったが、あまりにもしつこい。
そのうち後続車のドライバーが出てきて、怒られた。

いや仕方ないじゃん、と警官のほうを振り向くと、
警官の形を模した看板だった。
その後の夜道はほんとに嫌だった。

これは元カノA子から聞いた話。
A子が物心つきはじめたころのこと。
夕方、母が食事の支度をしている間一人で遊んでいると、
洗濯機からにゅっと手が伸びていたという。

手はA子に向けておいでおいでをしている。
A子は興味津々で近づくが洗濯機の口には背が届かず、中を見ることはできない。
手はにゅっと突き出たままで、おいでおいでをしている。

そのうち、洗濯機の口のほうから
「A子ちゃんはいい子だね、遊んであげるから玄関から踏み台を持っておいで」
と男の声が聞こえた。

A子は言われるがまま、一生懸命踏み台を運びそれに登ると洗濯機の中が見えた。
洗濯機には水が張っており、手はすでになかった。

しかしA子は気になって仕方がない。
そのまま上体を傾け洗濯機の中身をさらに覗こうとしたとき、祖父に止められ抱き抱えられた。

祖父と母にこっぴどく叱られ、手の話は出来なかったが、
A子はそれからしばらくの間、洗濯機には人が入っており、洗ってくれているものだと考えていたとか。
それから二度と手を見ることはなかったという。