流れぶった切ったらごめん。
ちょっと、オカルティックな話じゃないんだけれども、自分的に恐い話を思い出したので、書かせて下さい。

私、不眠症なので一時、良く夜中(深夜1~3時くらい)に散歩に出たりしてたのよ。
で、大体決まったルートがあって、コンビニに寄って雑誌とか立ち読みして飲み物とか買って、
帰宅して……って感じだったんだけど、ある日、いつものルートを通っていたら、
何か、「タタンッ、タタンッ!」ってリズミカルな音が聞こえてきたんだわ。

こっちは不眠症だから、逆にちょっとハイになってて、そんなに恐いとかその時は感じなくて、
「なんの音だろう?」って寧ろ好奇心の方が優って、引き返したりしないで、
そのままいつものルートを進んで、音のする方に近づいていったんだ。

で、段々音が近くなって、音の発信源……に着いた、と思ったら、人が居たんだわ。
なんて云えばいいんだろう。全くの無表情で道路の真ん中で反復横跳びをやってる人が居て、
その時の靴の音が「タタンッ」って音だったんだ。

それだけでも、今思い返せば結構恐いんだけど、その人がタタンッって横飛びする度に、
街灯に照らされて、その人の手元の辺りがキラッと光るんだよね。
ん? って思ってよくよく見てみたら、その人、出刃包丁を持って反復横跳びをしてたんだ。

無表情で出刃包丁を持って、深夜に反復横跳び……なもんだから、
流石に冷や汗が出ちゃって、あたかも道を間違えちゃったような体を装って、さりげなーく、
その場から離脱したんだけど、あれは何か呪いの儀式とかなんだろうか……?
それとも、ちょっとアレな人なんだろうか? 未だに分からない自分の恐い体験です。