昔オジサンが話してくれた事なんだが

当時オジサンは自販機のジュースの補給の仕事をしていてその時にあった怖い話をしてくれたんだが
その時っていうのはまだ自販機が「ドンッ」って強く体当たりとかしたらジュースとかが出てきちゃうような
時代の話でおじさんは普段どおり補給をしながら最後の設置場所に向かったそうな。

  <話の内容>
 夕方を少し過ぎていても夏だったんでほんのり明るく蒸し熱い日だったんだよね、それでようやく目的
の場所に着いたんだけどね。そこで異様な光景をみてしまったんだよ。最初着たときはタダ単に「人が いる」ってだけで普通だったんだけどね「、三人組かな?でも影の形がおかしい」逆光でよく見えない
その上微妙に薄暗い、まあとりあえず補給するんでどいてもらおうと車を降りて近づいたんだよ。
すると それがとんでもない異様な状態だったんだよね。

それはどういう風に異様だというと予想したとおり三人組の親子?だったんだけど問題はその状態
父親らしき人物は小銭を入れてボタンを叩き続けている、その横で母親がうつろな目をして何かを 抱えている、その抱えているものとは子供なんだが寝巻き姿で母親は足と胴体を抱えて頭をジュースの 取り出し口に突っ込んでいるんだ。
子供の手はダランと下に垂れている。

その光景を目にした時から喉に酸っぱい煮汁のようなものが引っ掛かって声がだせない
その内父親らしき人物が小銭が切れたのか紙コップを描きだしつつ「ドンッドンッ」と 自販機を叩きつけだした、その音にまじって母親がブツブツ言ってる事も耳がなれ聞こえだした
「おいしい?、おいしい?」確かにそう言っている。それを聞いて背筋に冷たいモノが流れたね

その内事の異変に気づいた人が増え警察が到着、父親を取り押さえて無理矢理パトカーに母親と一緒に
押し込み連れて行ったんだよね、後日近所の話では子供が長い療養生活も虚しく亡くなってしまい
父母は最後に好きだったジュースをたらふく飲ませてやろうと思いあんな行動を取っちまったんだって
でもショックでよくわかってなかったんだろうね。
いやあの時は怖かったよ。でもねこれで終わらなかったんだよね。
そんな騒ぎがあったにも関わらず例の自販機は撤去もされず、アイも変わらず自分の担当
まあ暫くは何事もなく最後の補給場所の補給も終えて帰れてたらしいんだけどね
ある日喉が凄く渇いてて丁度最後の補給場所についたんで騒ぎもあったけど過ぎたことだし 気にせずにジュースを買う事にしたんだよね。それでね小銭を入れてボタンを押したんだ

「カツン、ジョボボボ」

もういいかなと思って手を突っ込んだんだけどね、握ったものが紙コップでなく何か別のもの
握っただけで全然別のものだと思えるもので取り出してみた瞬間また動けなくなり少し前にあった
騒ぎの事を思い出さざるを得ないものだったんだよね、それは何だったんだって言うとね
「位牌」
だったんだよね、ジュースが掛かっているのか湿っている、オジサンはそれを放り出して逃げ
帰ったそうな、たぶんありゃあ死んだ子供の位牌で親がおいたんだろうな、その後仕事やめたけどね。
<話終了>

小防の頃聞いた話だったけどカナリはっきりと覚えています