625 :M:2014/04/08(火) 16:12:37.83 ID:o+i/k/oE0.net
たいした話じゃないけど、ちょっと書かせてくれ。分けて書くね。 
5~6歳位のある日、新築間もない実家の座敷で昼寝をしていたとき。 
ふと目を覚ましたら、白い着物で髪の長い女の人が無表情で俺を見下ろしていた。 
子供心に「きれいな女の人だ!」と思ったのかどうか覚えてないけど、女の人に 
ニコッと笑いかけた。 
と、その瞬間、寝ていた俺の顔10cmまで顔を近づけ、悲しいような悔しさが 
にじみ出たような叫び声を上げ、般若じゃないけど鬼気せまる形相で首を絞められた。 
その後のことは覚えていないんだが、息ができないのと恐怖で気を失ったみたい。 
でも首にアザが残っていた。 

それから小学校に上がって、2年か3年の頃。 
当時はゲームなどない時代だったので、外で遊ぶのがメインだった。 
家は、よくある山の斜面を住宅街に造成した所にある。その住宅街の上の方に、ちょう 
ど斜面が禿げ上がった部分があり、そこから獣道に入っていける場所があった。 
ある日、友達2人と探検ごっこをすることになり、その獣道に入ってみることにした。 

分け入ってしばらくすると、獣道の先に女の人が歩いているのが見えた。 
「女の人がいる! ほら、あそこ!」 
と、言ったが、友達は見えていない様子。後ろ姿だったが、白い着物で、髪が長かった。 
怖いというよりも、こんな所に人がっっ! という、今考えれば意味不明な興奮で 
走って追いかけた。後に続く友達。 
行き着いた所には、小さな祠があった。何年も人が来たような雰囲気ではなかったのを覚えている。 
そこまで来てなぜか怖くなり、逃げるように帰った。 

獣道の探検ごっこはしなくなったが、その後も何回か女の人を見ることがあった。 
ふと振り返るとガラスケースの反射の中に女の人が、というような感じで、何かあるわ 
けでもなかったので、怖さはなく不思議だなぁと思う位だった。 
中高は県外の男子校で寮生活だったため、日々の生活で女の人のことは忘れかけていた。 

そして大学2年生のある日。大学は地元の三流大学だったので実家住まいだった。 
夜、ベッドで寝ていると、ヤバイ感じで目が覚めた。なんというか、動物的恐怖という 
か、ベッドの真横にヤバイ何かがおり、それに体が反応してすごい鳥肌が立っているよ 
うな感じ。動いたらヤバイと思い、寝たふりをしていたんだが、そう思いつつも、
薄目だったらバレないだろうと、今考えれば意味不明な考えで真横を見てみた。 

いた……あの女の人が。でも不思議。部屋は真っ暗なのに、女の人だけライトを浴びた 
ように明るく見える。で、俺の顔を覗きこんでいる。顔がほてったような感じで、心な 
しか笑顔のように見える。やっぱ美人だったんだが、雰囲気がヤバイ。でも美人。でも 
ヤバイ。でもやっぱ美人。と、そのうち恐怖が大きくなって帰ってもらおうと、お経み 
たいなものを心の中で唱えたけど、効果なし。いつの間にか「ごめんなさい、ごめんな 
さい」と言うばかりになった。なんで謝るのか意味不明なんだが。 

しばらく半泣きの状況だったんだが、やがて女の人がすーっと窓から出て行くような 
雰囲気を感じた。「帰るんだな」と感じ、ヤバイ感覚が薄れてきたとき、安心と同時に 
なぜか「せっかく美人だから、格好もきれいだったらいいのに」と思った。 
で、何日か経った夜、現れた記憶がある。あやふやなんだが、目が覚めてふと見ると 
、ベッドから離れた場所で立っていた。ヤバイ雰囲気もなく、表情はおだやかで、格好も 
平安時代みたいな格好というか、位の高そうな感じだった。俺は「あぁ、やっぱり美人 
だ」と、なぜか安心して寝てしまった。 
その後、その女の人を見ることはなくなった。 

以上、オチなし。長文すんませんでした。 
色々調べてみたけど、その女の人について分からなかった。近所の山は片縄山。 
祠に通じる場所は、今は住宅地側からは行けなくなった。祠はもうないと思う。 
いやほんと、美人だった。これだけは覚えている。