俺が小学校の頃、教頭から聞いた話で、教頭の友人の実体験らしい。ところどころ曖昧な部分があってすまない。
あと携帯からだから改行変かも。 

教頭は昔、ライフセーバーだったらしく、友人はその仲間だった。
海で行方不明なんて出ると夜、夜中まで皆で横一列に手を繋いで探すんだ。
時間が立った死体は酷い有様で目なんかは最初に取れる。だから目の無い死体が見つかる。 

まあ、その友人の話な。 

ある日、女性が海で溺れて行方不明になった。それで友人たちは夜まで探したんだが女性は見つからなかった。 
何日だったかとかはすまんが覚えてない。まあそれなりに長い期間探したらしい。それでも見つからない。 
もう遠くに流されてしまったんじゃないか、なんて皆は諦めムードに入りつつあった。 

その日もいつも通り、夜まで女性を探していたが、やはり見つからない。天気予報では嵐が来るらしく、海も荒れてきた。
これ以上の捜索は危険だと判断し、沖に上がった。 

海にはボロい小屋があって、ライフセーバーは番を決めて、二人組でそこに寝泊まりしていた。 
で、その小屋がボロいところで、風でがったがた煩いわ、
窓(上の方についてて、細長い形の、回転式でハンドルで開閉するやつ)も二つあるうち片方
、閉まらないようなところだった。扉の鍵も簡素ですぐに外れてしまうようなものだった。 

友人はその日、後輩と二人で小屋に寝泊まりする番だった。 
後輩と共に酒を飲んでから、灯りを消して毛布をかぶり、そのまま就寝した。 

夜中、友人は尿意を感じて目を覚ました。酒を飲んだせいだろう。 
当たり前ながらこのボロい小屋にトイレなんてないので、外で用を足さなくてはいけない。 

外は嵐だ。雨風が吹きつけて、小屋がガタガタと煩いし、ともかく気味が悪い。 
仕方なしに横で寝てる後輩を起こす。 

「……なんすか」 
「おう、小便行きたいんだけど」 
「あんなに飲むからですよ。行ってくりゃいいじゃないですか」 

そう言ってまた眠ってしまう後輩。 
一人では行きたくない。我慢できない程でもないか、と寝転がるとあることに気づいた。 

430 本当にあった怖い名無し sage New! 2014/01/21(火) 20:39:11.47 ID:S80x4EPzI
窓に、星型のなにかと、わかめのようなものがへばりついている。 
風も強いし、きっとヒトデが飛ばされてへばりついたのだろう。そう思っていた。 
しかし、眠れなくてその影をじぃっと見ていると、星型の影が段々上に動いていくことにも気がついた。 
妙だな、と影が大分上にいったところでハッとする。 

あれはヒトデじゃない。人の手だ。 

そのまま固まっていると、手がずるずると上がっていく。窓の上部は空いている。 
片方の手の指が、空いた窓の隙間に掛かった。ただ呆然と見ていると女の顔が隙間から覗いた。
わかめのようなものは、髪の毛だった。 

そこでなんとか自我を取り戻して、隣にいる後輩を起こす。
女は「あぁ…あぁ…」と呻きながら、長い髪を揺らし、首を隙間に捩じ込もうとしていた。 

「おい……お、起きろ!」 
「トイレなら一人で行ってくださいよ……」 
「そうじゃなくて、あれ!あれ!」 

後輩は気だるげに体を起こすと、友人が指差した方を見る。 

「なんすか、あれ」 
「わかんねーよ!」 

あまりの恐怖に男二人でくっついて震えながら、窓から顔を捩じ込もうとする女を見る。
ただの呻き声だと思っていたものは、なにか言葉らしいが、なんなのかは聞き取れなかった。
「うぃ……けた……うぃ……けた」みたいな、顎が動いてない感じの喋り方だった。 

暫くすると女は諦めたのか、いなくなった。 
ほっとしたのも束の間、今度はドアからどんどんっと激しく叩く音がした。鍵が外れてしまいそうだった。 
ひぃっと二人は悲鳴を上げる。 

「おっ、おい!お前、ドア抑えろ」 
「い、嫌ですよ、先輩行ってくださいよ!」 

がたがたと激しく揺れるドア。 
がくがくなりながら、なすすべもなく去ることを祈る。 

がたん、ドアが開いた。 
目の無い女の人が立っていた。 

「みつけた」 

その後の記憶はない。 

どんどんと扉を叩く音で目を覚ましたら、気づけば朝になっていて、
「なにしてるんですか!起きてください」と男の叫び声がした。 

なんだ夢だったのか、とほっとした。 

扉を開けると、地元の漁師の人が「早く来てください!マグロが上がったんですよ」と言った。 
マグロは死体を意味する。友人と後輩は死体の上がった場所へ急いだ。 

そして友人は死体を見て驚いた。目のない、長い髪の女性だった。 
昨晩、見たものと全く同じだったのだ。 

早く見つけてほしくて俺らのところに来たのかなあ、と友人は言ったらしい。