フェイク有 昔から何故か変な相談をよく受けた。 その日も、友達のお母さんから、最近知り合いの子供がちょっとおかしいという相談を受けた。 相談というか、愚痴というか。世間話みたいなもんだろうか。 その子供が、何もない壁に向かってずっと話しかけているとか、行ったこともない場所の話をするとか、そういった類の話だった。 子供らしい、見えないお友達がいるんだろうと、笑い話として話していたが、表情は優れなかった。 妙に気になって、詳しく聞いてみると、不自然に話を終わらせようとしてくる。 が、どうやらお母さんも気になることがあるらしく、ポツリポツリと、断片的ではあるが、話してくれた。 最初は子供のよくある妄想と思っていたが、あまりにも子供の変化が急激過ぎて戸惑っている。 幼稚園から帰ると、庭の隅にうずくまって延々と壁に話しかけている。 それに、その友人夫婦の仲もなにやらギクシャクしている様子。 とのこと。 目を閉じて、イメージしてみる。 真っ暗な中、ふわふわと揺れる白い光のイメージ。 それはだんだん近付いてきて、やがて意味のありそうな形へと変化する。 最初は犬に見えたが、どうやら違う。 「狐?」 そう呟いた瞬間に、イメージの白狐は歯をむきだして眼前に迫ってきた。 驚いて目を開ける。 友母「狐?」 私「はい。多分、ですけど。でも生きてる狐じゃないような。パッと浮かんだイメージですが、神社の隅の祠に置いてあるような、陶器の白い狐みたいな…」 友母の顔色が変わったのが見えた。 友母「その子供が宝物って言って見せてくれたことがあるの、狐の置物…」 私「多分、それが原因です」 友母「それを捨てれば、良くなるの?」 私「男の子と、その狐のイメージが、かなり重なって見えました。捨てたら逆に危ないかも」 友母「わかった。今度そのことも話してみるね」 その日の話はそれくらいで終わりました。 後日 友母「あの狐の置物の話。聞けたよ」 友母の話によると、子供が宝物にしている狐の置物は、庭の隅に埋まっていたものを、子供が見つけたものらしい。 友母から置物の話を聞いた母親は、流石に気味が悪くなり、子供が幼稚園に行っている間に狐の置物を隠したそうだ。 捨てるのは縁起が悪いと感じたのかもしれない。 だが、気が付くと子供は何故か狐の置物を見つけていて、大事に持ち歩いているという。 絶対に子供の手に届かない場所に隠しても、絶対に見つけて持ち歩いているというのだ。 子供の話だと、狐の置物が呼んでくれるから、何処に隠してあってもわかると言っていた。 友母「どうにかならない?」 私「………」 正直、私の手には余ると感じていた。 目を閉じてイメージしても、もうなんのイメージも湧かない。 完全に拒絶されている。拒絶されている今が潮時だと感じていた。 これが敵意に変わったら、対処のしようがない。 私「はっきり言うと、縁を切るくらいしないと、危ないと思います。少なくとも、距離は置くべきです」 友母「でも…」 気持ちもわかる。こんなオカルトじみた話を真に受けて、リアルの友人関係を破綻させるのも、逆に頭のおかしい人と思われても仕方ない。 この結末を知るのは、数年経ってからとなる。 数年後 友母「あの狐の置物の話、覚えてる?」 私「はい。覚えてますよ」 友母「あれからね、本当に怖い話になっちゃって、私も最近聞いたんだけどね…」 子供は相変わらず壁に向かって話しているし、庭から出ることすら嫌がり、引きこもりのようになっていた。 小学校に上がる年だというのにこのままでは、と、不安も募る。 夫婦仲もほとんど冷め切っていた。 そんなある日、子供が両親にお願いがあると言ってきた。 そのお願いとは、子供がいつも佇んでいた庭の片隅を掘るということ。 夫婦は子供と一緒にその場所を掘った。 そこには、石で出来た、小さな社が埋まっていた。 夫婦が建築業者や、以前の土地の所有者に話を聞いて見ても、何にもわからなかった。 だが、社は出てきた。一緒に一つの狐の置物も掘り出したという。 夫婦は一番驚いたのは、その掘り出された狐の置物、子供が大事に持っていた狐の置物と、どうやら対になるものだということだった。 形も、大きさも同じ。 そして、左右対称。 夫婦は出てきた社を庭の隅に設置し、近所の神社にお願いして、お祓いのようなこともしてもらったという。 子供はいつも大事に持っていた狐の置物をその社に置いて、壁に向かって話しかけることも止み、今は普通に小学校に通っているという。 友母「これが、その子の写真」 私「あれ?女の子だったんですか?」 友母「そうよ。言ってなかったっけ?」 携帯画面の中で笑う、黄色い帽子の、赤いランドセルを被った女の子を、私はジッと見つめた。 嬉しそうに笑う女の子は、狐のようにニッコリと目を細めて笑っている。 狐のイメージと重なって見えたあの男の子は、いったい何だったのだろうか。 ひょっとして、女の子が壁に向かって話しかけていたのは、狐ではなかった? 私の中では、狐のイメージも、男の子のイメージも全く消えていない。 社を祀って、それで本当に解決したのだろうか? いくつも疑問は浮かんだが、私は何も言わなかった。 目を閉じてイメージしてみる。男の子の顔が、グニャリと歪んで狐のように笑った。 終わり