自身では霊感などないと思っていた中高時代。

今では霊感がないなんてとてもじゃないがいえそうにないですが……

それを説明するのは酷く億劫というより、自分でもどう説明したらいいのか分からないのでここでは割愛させてもらいます。

先に言っておくと、僕自身は霊というものが恒常的に見えているわけではないです。

というか、むしろ全くと言っていいほど見えないからこそ、自分に霊感がないなと信じて疑わなかったわけなんですが……

そんな中での思い出……というか、重いエピソードを紹介しようと思います。

 

 

当時僕は、県内でも有名な仏教系の高校に入学して、緊張しながらもなんとか学校生活を送っていた。

霊感とかがあるという自覚はなかったのだが、その学校に入ってからは、ある程度はあるのだと自覚した。

それというのも、霊感があり、多少のモノなら“掃う”事ができるC君と知り合ってからだった。

高校は歴史ある仏教校で、なんでも、さる宗派のお偉いさんが創設に噛んでいるとかいないとか。

 

入学当時、そんな話を生徒手帳に書いてあったのか、または校長のありがたいお話とやらで聞かされたのかで、今でも頭に残っている。

そんな仏教校では、毎朝HRの前にお経を読むのが決まりになっていた。

僕らもそれが校則なのだと、適当に読み流して読んでいたのだが、入学してから数週間で、僕はちょくちょく気分が悪くなる事があった。

しばらくして、それには一定の場所が係わっている事に気づいた。

まず、この学校は少々特殊な立地をしていることを説明しなければならない。

“歴史ある”学校特有なのか、この学校が特殊だったのかはさておくが、旧校舎に新校舎の増築を重ね、学校全体が大きな円形を作るような形で建てられていた。

そして、僕が決まって気分が悪くなる場所というのは、校舎に囲まれた中庭。

本当に文字通りの意味で中にある庭だったのだが、そこの中央に植えられていた松の木周辺だった。

今でもなんと言い表したらいいのか微妙なところだけど、とにかくその松の木周辺は、「嫌な場所」であり、「できる限り早く離れたい場所」であった。

 

そんな事をふと、部活に入って間もないころに、同じ部活だったC君に言った時だった。

 

C君「普段全く気づかないなら気づかないで、最初から相手にしていなければ向こうだって手は出さなかったはずなんだけどな」

僕「何々?もしかして霊的な何かがいるっての?僕、少しだけならそういう経験らしきことはあるけど、ここ、仏教校だよ?」

C君「だからだろ。知識もないヤツがお経読んだって、道端でメガホンもって叫んでるようなもんだぜ?」

 

お経は本来、向こうで言うチャイムの様な感じの物で、押す家も決めずにごめんくださいと言っても関係ないものが集まってくるに決まってるとC君は言っていた。

 

C君「そもそもこの構造が呼び込んで逃がさないための檻に見えて仕方ないんだよなぁ」

僕「……でも僕は見えてないし、ただキモいと思っただけだから全然平気だよね?」

 

段々怖くなってきた僕はC君に恐る恐る聞いてみるが、

 

C君「僕君は一歩遅いんだよな。危険域に突っ込んでから危険を感知するって言うか……」

C君「普通、見えるやつはどこまで近づいたらいけないのか位は経験則として知ってるもんなんだけど……」

そんな事を言いながら、C君は制服の内ポケットから一枚のお札を僕に差し出した。

 

C君「とりあえずそれを持ってろ。破れる様ならすぐに言えよ」

お札というモノには、少なからず縁があった僕は、目が据わっているC君の表情にも押されて、ただ頷くしかなかった。

 

数日して、そんな事があったにも拘わらず、すっかり忘れてしまった僕は霊感のない友人に誘われて、中庭をバックに記念撮影をした。

現像された写真を見た瞬間に後悔し、C君との会話を思い出した。

友人はピンボケしただの、逆光で上手く撮れなかっただの言っていたが……

あれは、間違いなく黒い手だった。一本や二本ではなく、中庭全体が黒く変色していて、そこから無数の手が、僕の体に巻きついていた。

しかもご丁寧に、C君から貰った札の入っていた右胸部分だけを避けて。

その写真を見た後、ふと思い出したように制服に入れっぱなしだったお札を見ようと思って取り出した時。

……声が出なかった。

もらった時はあれだけきれいだったお札が、いつの間にか黒く煤けて、まるで火であぶったみたいに焦げ付いて穴が開いてしまっていた。

制服に入れっぱなしで、火に近づけたこともない。

札を見た瞬間に、可能性というか。嫌な確信というか、予感が僕の中に芽生えていた。

 

慌てて部活に顔を出し、C君にこの事を伝えると、C君はわかっていたというように、前と全く同じ札を僕に差し出した。

C君「俺は多少のモノだったら自衛って意味で除けることは可能なんだけどさ。さすがにアレはむり。精々狙われないように身を守るのが精一杯」

この学校には、それほどヤバいモノが住み着いていたのだろうか。

僕は興味本位というより、もはや怖くていてもたってもいられずに、C君にどんなモノがいるのか尋ねた。

すると、C君は歯切れ悪く、物凄く渋い顔をしながら答えてくれた。

C君「モノっていうか、ヤツラっていうか。

なんかもう、随分昔からお経に集まってきてはこの籠の中に溜まって、溜まってる内に溶け合ってひとつのモノになった感じなんだよなぁ」

C君「しかも、良いも悪いもない交ぜにしてるから、強い怨念とか、殺意とか憎しみとか。

そんなものを抱え込んだのまで混ざってて、もう全体が黒過ぎて区別つけられない」

僕が無事なのは、血縁で先祖の強い加護を受けてる存在がいるからだと、

C君はいつの間にか取り出していた塩を僕の肩にふりかけながら続けて教えてくれた。

写真はC君に渡し、今は手元にないが、二度と見たいとは思わなかった。