[怖い話]怪異ちゃんねる

ネットで話題になった都市伝説、怖い話などをまとめています。

      インターネット怪談コンテスト 電脳百物語ふたたび 秋が近くなると、私はいつもあるいやな出来事を思い出します。当時、私は中学3年生、その頃、学校ではこっくりさんが流行っていました。興味を持った私達は、仲のよかった4人でM子の家に集まり、こっくりさんをする計 ...

      母と娘が旅行に行った。娘はもうすぐ嫁ぐ身、最後の母子水入らず。ありきたりの温泉宿で特徴は海に面した・・・それだけ。部屋に通されるとやる事がない。駅から続く温泉街の土産物屋はだいたい覗いて来たし、夕食までにはまだ時間があった。そこで二人はお風呂に行く事にし ...

      俺の怖かった話聞いてくれるかい?文才ないし携帯だから遅いけど俺の学校へのルートはバス→電車→徒歩なんだ。工房でサーセンwwwでさ、その朝のバスにたまに変な人が乗ってるんだ。地元はちなみに横浜です。なんだろう、障害者なのかなんなのかわからないおばさんがたま ...

      最近、保育園で保母さんをやってる友達に聞いた話。その子が行ってる保育園ってお寺がやってるとこで、すぐ近くにお墓があったりする。お墓に子供が入っていたずらしないように、周りに柵がしてあるんだけど、柵の杭の尖った先っちょに、虫やトカゲなんかが串刺しになってる ...

      私の通っている大学で体験した恐ろしい話です。ある時、学内にあるリフレッシュスペースという休憩室のような部屋で、私は友人と共に提出期限が明日に迫っているレポートを必死で書いていました。しかし、予想以上に手こずってしまい気がつけばすっかり日は暮れて、リフレッ ...

      うちの会社の部長、若い頃『林業』やってたんだって。 正直『林業』なるものよく分からないんだけど、山で木材を調達する って感じかな? で、部長が若い頃だから昭和40年代らしいが、山の中の作業で使い走りみたい な仕事をしていたらしいんだけど、徒歩で山越えた作業場 ...

      文章にしてみたら支離滅裂っていうかなんか意味わからん話になったんだが、お前ら聞いてください。足の指をちぎる夢を見た。おとといの夜から昨日の朝にかけて。夢の中でも自分の部屋にいて、ぼーっと座ってるだけなんだが急にぶちぶち自分で自分の足の指をもぎ始める夢。何 ...

      本当ごく最近の話。小学生の時の同級生だったケンちゃんが亡くなった、自殺だったそうだ。それほど親しい間柄でもなかったが、一学年50人ほどの小学校だったのでどんな奴だったかは良く覚えてる。小柄で、ひ弱で、頭に障害があって6年生の時は特別教室に通ってた。自殺し ...

      あれは俺が高校生の頃だからもう10年も前の話だ。以前も書いたが俺はたまに予知夢を見る。年を取った今では見る頻度も少なくなってきたが、10代の頃は結構よく見ていた。但し今回の話は予知夢ではなく正夢だ・・・というか半分、夢で半分現実・・・と言ったほうが正しいかも知れな ...

      初投稿。ご飯のお友達、いかの塩辛。 美味しいですよね。私も大好きでこれさえあれば何杯でもご飯食べれました。今回書かせていただいたのはこの塩辛に纏わる話です。実際に地名を出すわけには行きませんし風評被害を考えて多少のブラフ入で私の聞いた怖い話を紹介します。塩 ...

      俺の実家の小さな村では,女が死んだとき,お葬式の晩は村の男を10人集め,酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある.ろうそくには決まった形があり,仏像を崩した?ような形をその年の番に抜擢された男のうち最も若い者が彫る.また,家の水 ...

      これは、私が子どもの時に体験した奇妙な話し。私の父はとにかく貧乏性で、近くのゴミ捨て場で壊れた家庭用品やガラクタなどを見つけては、「もったいない」と家に持ち帰ってきた。家族はそんな父に呆れていたが、「恥ずかしいからやめて」と言っても、やめるような性格では ...

      この話は、幾つかのサイトで見掛けたのですが、個人的に凄く気になるので投稿します(この場合 コピペって書いた方がいいのかな?)ある探偵事務所の行方不明者の未解決事件の話です。Yさんの話しによると。その行方不明な男性は長距離トラックの運転手でした。その日もその ...

      子供の頃近くに廃墟の家があったそこは川沿いにあって井戸もあるしかも田舎だから灯りも少ないしで、夜になるととても不気味必然的にそこは幽霊が出る家として校区内では有名だった。学校からは危ない(倒壊のおそれもあるので)から立ち入り禁止とされていた私も好奇心旺盛な ...

      12月4日。この雪山に遭難して約24時間。古い山小屋ではロクに暖も取れず、少々寒いが外で過ごす事は出来ない。助けはすぐに来るに違いないだろう。12月6日。助けはまだ来ない。この吹雪だから捜索が難航しているのだろう。落ち着いて待つ事にする。・時計が壊れてしまったの ...

      これ書くか迷ったんだけど、時効のような気もするんで書くわ。俺が二十年前位かな、フリーターやってた頃の話なんだけどその当時ヨーロッパのほうへ海外旅行にいったんだよ、その時代って海外旅行ってちょっと珍しいから、観光じゃなくて労働者ビザとって二年位居たのかなぁ ...

      これは私が小学生のときの話です。当時は所謂「学校の階段」がブームになった時期で「七不思議」といった怖い話が非常に盛んな時期でした。子どもだった私達は、「自分達の学校に七不思議がないのはつまらなから、七不思議を作ろう」と考え仲の良い友達6人で、休み時間になる ...

      うちの母方のバアちゃんの話母方のジイちゃん、バアちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人 母はアメリカ人出張でアメリカにきていた父交際は、当時むちゃくちゃ反対された特にバアちゃんが、日本人だけはダメ と猛反対しかし、母も、そこはアメリカの女の性格持ち前の気の ...

      ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。ある時、いつものように開店準備をしている所に、友人が彼女を伴いやってきました。普段は私達の笑 ...

      小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、とくに怪奇現象を起こしたりはしてない。祖父の友人は骨董商だった。その皿も店の品物でかなりの逸品らしいが、売れてもじきに返品される謎の皿だったらしい。当の骨董 ...

      これはまだ解決してないというか、現在進行形の事件なんですが、ちょっとみなさんにも聞いてほしいんです。プロの探偵さんにもともと依頼してた事件なんですが、警察沙汰に発展するかもしれないし、しないかもしれないし、今はなんとも言えません。僕が小学生5年生だった頃 ...

      昔オジサンが話してくれた事なんだが当時オジサンは自販機のジュースの補給の仕事をしていてその時にあった怖い話をしてくれたんだがその時っていうのはまだ自販機が「ドンッ」って強く体当たりとかしたらジュースとかが出てきちゃうような時代の話でおじさんは普段どおり補 ...

      知り合いの、警察関係者に聞いた話です。去年、この近くであったバラバラ殺人事件、覚えてますか?若い女性の部屋で、男のバラバラ死体がみつかったってやつ。その話です。ああ、別にスプラッタな話しようってわけじゃありません。状況はそうですけど(笑)。その女性、仮に ...

      私が学生だった頃の話です。友人が親元を離れ、一人暮らしをすることになりました。引越しの手伝いをし、そのまま泊りがけで飲み会をしようということになり、早速手伝いに行きました。新居は古い木造アパートで、四畳半の台所と六畳の和室、それにユニットバスという造り。 ...

      今から10年前に体験したことを書きます。自衛隊に入隊したばかりの頃で、夏でした。訓練が始まる前日、期待や不安でいっぱいだった私はなかなか寝付けませんでした。布団ので悶々としていた時に、廊下からダダダダダ…と誰かが走っているような足音がしました。 それもすごい ...

      このページのトップヘ